立ち絵ができました

実は今まで立ち絵なかったんですよ、気づいてました?

meow! 河西いつきです!

そういうわけで、これまで座りグラフィックしかなかったぼくなのですが、今回やっと立ち絵を用意できました!

”すこっていいぞ”

めちゃくちゃよそ行きの表情してますね……お見合い写真現象だ

これでコラボがあっても怖くないですね!

まあ、時間が合わないので無いんですケド……

自分から誘っていけよな?

 

今日の絵の話 – 髪のハイライトの入れ方

今回は下描きも仕上げもデジタルで描きました。

──アナログ下書きのほうが外連味のあるいいポーズが描けたりもするのですが、水彩筆で塊をとっていくようにラフをやるのが最近のマイブーム。

”下書き1と2です。うまい人はもっと下描き工程を重ねるらしいですが、ぼくはめんどくさがりなのでキビシイ”

今回の絵で試した新規要素は、ハイライト工程の変更です。

これまで硬めのエアブラシで光輪を描いて、毛束に沿ってちょちょいと光らせていたのですが、前回の絵で試した「水彩筆で広い帯状に光輪を描いて、毛束に沿って削る」に味を占めたので、さらにアレンジを加えて「広い帯状の光輪を描いて、毛束に沿って指先ツールで変形させる」ってことをしてみました。

いい具合になったのではないでしょーか!!

”じーっ”

あと、目の透明度が出せたのでよかったです。

やっぱ絵は目ですね。コントラスト広くとれるパーツは視線を集められるのでつよい。

それと、靴のレザー質感とかおひざをいい感じに塗れたので、そこも満足です。

現場からは以上です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。